2003年10月30日朝日新聞 くらし
市民の疑問と提言「ちょっと言わせてマニフェスト」より転載(写真略) 


 「痛み」にも踏み込んで
 社会保険労務士(神奈川県)・三浦れいこさん


 10年以上、個人や企業を対象に公的年金の指導や相談をしてきた。多くの人が公的年金の知識が乏しいまま、「年金はもらえない」「保険料を払ってもムダ」と決めつけている。年金制度を理解してもらうよう努力し続けることにむなしさや限界を感じていた。
 総選挙で年金問題が大きな争点になったこと自体は歓迎できる。
 ただ、国民共通の基礎年金を税金である国庫負担で賄う割合を2分の1に引き上げることはすでに00年の年金改革で法律に明記されている。マニフェストで競うように取り上げること自体が「今さら」という感じがする。財源も民主党や自民党は「消費税引き上げ」に触れ始めたが、時期は不明だし、野党の「公共事業や予算のむだ遣いを見直し財源にする」との言い方も説得力を欠く。
 各党とも、会社員の夫を持つ専業主婦が国民年金の保険料を払わない第3号被保険者の問題や、受給世代の給付カットに踏み込んでいないことも不満だ。具体的で痛みの伴う問題には触れられないのではないか。
 年金制度は本来、安定し持続的であるべきだ。政権与党が代わるたびに年金制度が大改革されるのも困る。だから、私が政治家なら「年金制度を政治の道具にしないこと」をマニフェストにしたい。全政党の代表や専門家で構成するプロジェクトチームをつくり、時間をかけて改革案を練り上げるべきだ。

back  top