定年準備abc
50代のための危機管理講座【7】健康不安
病気で後遺症が残った 障害年金に該当するのは…

 前回は病気休暇の「最後の砦」として、健康保険の傷病手当金制度に触れました。私傷病のため働けず給料が出ない場合でも、1年半は給料の6割相当が補償される制度ですが、それでは、働けるぐらいまでには回復したものの、体が元の状態に戻らないケースはどうなのでしょうか。
 大手不動産会社の営業部長のAさん(52)は、ある朝、出勤直前にひどい頭痛に襲われました。脳卒中でした。緊急手術で一命は取り留め、リハビリのかいあって約1年半後に会社へ復帰しましたが、いまだ左半身の麻痺と視野障害が残っています。
 もはやAさんには、営業部長職の激務に戻る気力は残っていません。そこで、しばらくは管理職の仕事から外れて、他の職場へ異動させてもらうことにしました。ところが、そうなると以前と同じ給料はもらえなくなります。給与規定に基づいて、部長手当の10万円が打ち切られるのです。ただでさえ医療費がかさむうえに、歩行が不自由なので通院するのに使うタクシー代も大変です。
 でもAさん、ご安心ください。あなたのように「思うように」働けない場合、公的年金が出る可能性があるのです。普通は、けがや病気の初診日から1年半後にあたる「認定日」に障害が残っていて、しかもそれが障害年金の1級から3級に該当していることが条件です。
 大まかな目安としては、1級は「介助なしでは生活できない程度」、2級は「日常生活に相当な支障が出る程度」、3級は「働くことに大きな制約を受ける程度」、などとくくれます(3級は厚生年金独自の制度で、さらに軽度でも一時金がもらえる場合もあります)。ただし、障害認定基準は複雑で医学の専門知識も必要なので、申請窓口になる社会保険事務所の段階では、認定されるかどうかはいっさいわかりません。
 Aさんの場合は、半身麻痺も視野障害も、それぞれ単独では3級に該当しませんでしたが、「併合認定」という規定が適用され、幸いなことに3級に認定されました。要は、運を天に任せて、とりあえず請求してみることが大切なようです。
 このほか、生活習慣病関連の障害でわかりやすい例をあげておくと、糖尿病で慢性腎不全になって人工透析を始めたら、開始から3カ月目に2級に認定されます。高血圧で心不全になって心臓ペースメーカーの埋め込み手術をした場合は、装着日に3級と認定されます。
 ただし、忘れてならないのは保険料の納付要件です。長く勤めている方は問題ありませんが、転職経験のある方は要注意です。初診日の前に一定期間、滞納していたりすると障害年金がもらえませんので注意してください。

 障害年金の額は、加入制度と障害等級によって異なります。初診日に国民年金に加入していた方は定額の基礎年金だけですが、厚生年金なら加えて給料(報酬)に比例した年金がもらえます。Aさんのケースで試算すると、それまでの給料の平均は月39万円、大卒後ずっと厚生年金なので30年間の加入です。3級の場合は基礎年金は出ませんが、それでも年108万円、月にすると9万円ほどになり、どうやら削られた部長手当分ぐらいは補えそうです。
 年金と「身体障害者手帳」は別の制度です。「手帳」は市区町村へ申請してください。等級は1〜6級で、認定されれば税金が優遇されたり、電車やタクシーに割引乗車ができたりします。
週刊朝日2004年2月27日号より転載
この記事は、朝日新聞社の了解を得て転載したものです。三浦れいこ及び朝日新聞社の著作権を侵害する一切の行為を禁止します。

back