定年準備abc
50代のための危機管理講座【1】
不安、不安、不安… 「超解消法」教えます

 このご時世、余裕綽々で定年を迎えられるサラリーマンが、いったいどれくらいいるでしょうか? 70歳過ぎの年金受給者に聞くと、現役時代に老後の経済的不安など、考えたことはなかったと言います。高度成長期の恩恵を最大限に享受した世代ですから、「終身雇用」制度に乗っかってさえいれば、会社が終着地点まで送り届けてくれました。
 一方、今の現役世代にとっては、60歳定年はもはやサラリーマン人生の通過点に過ぎません。今の50歳代で言えば、定年後の数年はもらえる厚生年金は半分だけ。すぐ引退などとても考えられません。
 こうした事情から、「総不安症候群」と言ってもいいぐらい、中高年サラリーマンにとっては不安だらけの世の中になっています。内閣府の世論調査によれば、生活不安を感じる人は何と過去最高の67%。老後の生活設計が不安と回答した人も50%にのぼりました。景気低迷が長引き、年金など社会保障の先行きも不透明なため、不安が不安を増幅しているのです。
 さらに不穏なデータがあります。自殺者の中で40〜50歳代が占める割合が40%にも達しているのです。自殺率と失業率には相関関係があるといいますが、自殺者に中高年が多い背景には、中高年がさまざまな社会的ストレスを感じていることがあると思います。すなわち、年功賃金が崩壊して昇給はおろか、給料は下がるばかり。リストラの嵐はやみそうもなく、雇用不安に加えて、過労など健康不安も襲いかかり、さらには熟年離婚や家庭崩壊、老親の介護問題……。中高年を取り巻く状況は、まさにストレス要因のオンパレードではありませんか。

 ところで、労働社会保険法令の専門家としてあえて指摘しますが、中高年サラリーマンの皆さんと話していて驚くのは、社会保障や自分の労働条件についての知識が少なすぎることです。
 たとえば年金。これから団塊の世代が続々と定年を迎えますが、生年月日によって厚生年金の支給開始年齢が異なります。あなたは、いつから、いくらぐらいもらえるのか知っていますか。たとえばリストラ。突然解雇を言い渡されたら、あなたは黙って会社を去っていくのですか。たとえば病気。長期療養を余儀なくされたら、会社はいつまであなたの面倒を見てくれるか、ご存じですか……。
 ここまで読んで、ますます不安が募った方がいたら、ごめんなさい。でも、この不安から解放されないと、安心して「定年準備」など進められません。まさか、このコラムで個々人の具体的な不安まで解決することはできませんが、共通した不安に対する対策のヒントならアドバイスできそうです。
 それこそが社会保険や労働法の最低限の知識です。わからないことには、だれもが不安を抱くものです。まずは、その「知らないことへの不安」を解消することが何よりです。そうすれば、リスクに遭遇した場合の心構えが自然と身につきます。柔道でも、最初は「受け身」、投げられてもケガしない基本技を学ぶではありませんか。
 本シリーズは、そんな逆転の発想の危機管理講座です。50代サラリーマンが抱える潜在的なリスクに毎回焦点を当て、いざというときに立ち向かえる心の準備を伝授していきます。もちろん、50代でない方にも、この知識は大いに役立ちます。
 さあ、皆さん、本講座に参加して、リスク対応型のたくましいサラリーマンを目指しましょう!
週刊朝日2004年1月16日号より転載
この記事は、朝日新聞社の了解を得て転載したものです。三浦れいこ及び朝日新聞社の著作権を侵害する一切の行為を禁止します。

back