連載【43】
2003年、さあ大変!@ 
『平成三十年』への一里塚が始まる…
 先日、編集部の担当者にいきなり質問されました。「ベストセラーの『平成三十年』に年金の支給開始年齢が67歳になるとあるが、本当にそうなるんですか?」「まさか、作り話でしょ」。生返事したものの、気になった私は、とりあえずその小説を読んでみました。すると……。
     ◆
 『平成三十年』は話題の近未来小説です。著者は人気作家の堺屋太一さん。あとがきには、最もあってほしくない日本、しかし、最もそうなる可能性の高い日本の姿を描いた、とあります。
 小説の中では、16年後の日本はスタグフレーション、つまり不況下の物価高状態に陥っています。経済成長率はずっとマイナスかゼロ。国の借金残高は累積1700兆円にも達し、消費税率も12%まで上がっています。
 少子高齢化もいっそう進み、出生数が100万人を割る一方、65歳以上の高齢者は3300万人、人口の27%を占めるに至っています。当然、現役世代の負担増は続いていて、社会保険料は28%(労使折半で14%ずつ)まで上昇しています。税金と合わせると、給与天引き分は年収の4割にもなります。
 
 それでも財源難で、年金給付もかなり深刻です。モデルで、現在の価値に直すと夫婦で16万円といいますから、今の23万円の3割カットです。そして、昭和23年生まれの団塊世代の場合、64歳だった支給開始年齢が、その後66歳に、そして67歳まで引き上げられていく設定になっています。
 それにしても、厚生年金の支給開始年齢が67歳になるなんて、現実にあり得るのでしょうか?
 確かに、昨年春から男性の支給開始年齢の引き上げが始まりましたが、これは67歳ではなく「65歳支給」へ移行するための第一段階の措置です。これから平成25年にかけて、年金の約半分(定額部分)が段階的に引き上げられます。しかし、逆に見ると、残りの約半分(報酬比例部分)は平成25年でもまだ60歳開始なのです。「やはり、67歳支給は絵空事」……いえいえ、それがそうとも言えないのです。
 定額部分の引き上げが決まったのは8年前、平成6年改正での出来事でした。しかし、その次の平成12年改正で、にわかに残り半分の報酬比例部分の引き上げが浮上して決まってしまったのです。定額部分が65歳支給となった後、平成25年から37年にかけて、今度は報酬比例部分が段階的に引き上げられていくのです。そして、37年以降は完全に年金が65歳支給に移行します。
 「それでも、『平成三十年』の想定よりは相当、遅い」と思われるかもしれませんが、これから高齢化は急速に進みます。団塊世代が年金受給側に回っている間、少しでも給付開始を遅らせたいのがズバリ国の本音でしょう。今、決まっていることが、実施前に骨抜きにされたり、急速に前倒しになるなんてことが全くないとは言い切れません。例えば、この4月からの改正で65歳から69歳の高額所得者は、働いている間は実質上、厚生年金がもらえなくなっています。
 今の経済状況を考えると、国はこれからも財源の確保と給付削減に必死になるはずです。目立たないように、手を替え品を替え次々にメスが入れられていくと思いますが、実は、その一つが来年4月から始まる「総報酬制」です。2003年は、『平成三十年』が描く世界への一里塚なのです。さあ、大変。来週から、じっくりご説明いたしましょう。
(三浦れいこ)
次期平成16年改正の行方に注目を!「ひとごとと、思ったあなたが減らされる」。
週刊朝日 2002年11月15日号より転載
この記事は朝日新聞社の了解を得て転載したものです。S-WAVE及び朝日新聞社の著作権を侵害する一切の行為を禁止します。
back