連載【35】
堅物のバツイチ男でも老後はモテモテ!? 
 テレビのドキュメンタリー番組で見た話です。最近は熟年向けの「合コン」パーティーがはやっているそうで、太郎さん(70)と花子さん(60)もそんな出会いでした。太郎さんは上場企業を定年で退職して悠々自適の年金暮らし。花子さんはパート勤めで、国民年金を心待ちにする日々です。お互いに離婚を経験した「バツイチ」同士、家族に再婚を切り出したところ、太郎さんの一人息子がひとこと釘を刺しました。「お父さん、入籍は困りますからね」。すると花子さんは、控えめながらこう言ったのです。「入籍にはこだわりません。(遺族)年金だけでいいですから」。テレビの前の私は、息をのみました。
     ◆
 ズバリ言って、太郎さんの息子が心配したのは財産分与です。太郎さんに戸籍上の妻ができれば、息子の分け前が半分に減るからです。堅物の父親が伴侶を得るのは息子として安心ではありますが、やはりこの一線は譲れません。
   一方、花子さんは、現在の年金制度をよくご存じの様子。なるほど、遺族年金は法律婚をしていなくても出ます。社会保険では事実婚も「配偶者」に含むのです。結婚前から遺族年金云々も現金な話ですが、夫に先立たれた後の長い老後を考えれば、現実問題としてはうなずけます。
 番組では、結局、二人は事実婚を選び、めでたくゴールインという顛末でしたが、「合コン」の主催業者が実に興味深いコメントをしていました。「厚生年金を受給している男性は、おおむね女性にもてるようですよ」
 どういうことかというと、サラリーマンを普通に勤め上げた人なら、生活に困らないだけの厚生年金を受給しているので、ほかにさしたる財産がなくても再婚相手としては魅力があるというのです。
 その魅力の一つが遺族年金なのですが、厚生年金を受給している夫が亡くなった場合、妻が遺族年金を受け取る条件は実にシンプルなものです。同居していさえすれば、婚姻していた期間も関係ないし、現役世代のような保険料の納付要件もありません。ただ、妻の年収が850万円未満でさえあればいいのです。
 もらえる額は、夫の厚生年金(報酬比例部分)の75%です。さらに、厚生年金期間が20年(15〜19年への短縮特例あり)以上ある場合は、「寡婦加算額」が加わります。この加算額は、妻が65歳になるまでは定額ですが、65歳を過ぎると妻の生年月日ごとに異なります(表参照)。
 具体的に試算します。太郎さんがもらっている年金は月々25万円ですが、そのうち報酬比例部分は約15万円です。仮に5年後に亡くなったとして、42年5月生まれの花子さんがもらう遺族年金は、13.6万円(15万円×75%+寡婦加算額)です。ちなみに、再々婚しない限り権利を失うことはありませんから、平均寿命からすれば、その後20年以上もらい続けることができます。これとは別に、花子さん自身の国民年金ももらえるので、花子未亡人の生活費はざっと20万円になります。
 遺族年金は、夫の年金を妻へ譲る法律上唯一の仕組みです。一方、最近の離婚裁判では、厚生年金は夫婦の財産として妻の取り分を夫に請求する例もあります。年金改革では、離婚時の年金分割も議論されています。分割されると後妻の遺族年金も当然減りますから、太郎さんのような「厚生年金バツイチ男」がもてるのは、今のうちかもしれません。
(三浦れいこ)
遺族の厚生年金は、婚姻期間と関係なく事実婚の妻でももらえる。

週刊朝日 2002年9月20日号より転載
この記事は朝日新聞社の了解を得て転載したものです。S-WAVE及び朝日新聞社の著作権を侵害する一切の行為を禁止します。
back