連載【31】
パートと年金@ 
年収130万円以上の「ニセ3号」を許すな
 年金相談会では、ときに眉をひそめる事実に遭遇します。その日、森田光子さん(仮名)は60歳の誕生日を来月に控え、昔加入していた厚生年金の手続き法を尋ねに見えました。この10年はパートとして1日5時間働き、勤務先の社会保険には入っていません。健康保険は夫の扶養、国民年金も第3号被保険者なので、保険料は払わずにすんでいるとのこと。ところが、年金請求書の書き方を説明しながら彼女の課税証明書に目をやると、昨年の年収はなんと150万円。私の目は点になりました。
     ◆
 はっきり指摘しましょう。光子さん、あなたは「ニセ3号」です。第3号被保険者なら、昨年の年収は130万円未満のはずだからです。年収がオーバーした4年前に遡り、第1号被保険者に変更のうえ保険料を納める必要があります(もっとも時効のため、払えるのは2年分だけです)。
 仮にこのまま光子さんが変更せず、「ニセ3号」を通した場合、4年分の国民年金保険料(月1万3300円、計63万8400円)を払わずにすむばかりか、65歳からは、基礎年金のうち8万400円分(40年掛けで満額80万4200円なので、その4年分相当)を「不正」に受け取ることになります。これを20年もらい続ければ160万円強。これらはいうまでもなく、まじめに払っている加入者や、子や孫の世代に付け回されるわけです。
 国民年金の第3号になれるのは、厚生年金や共済組合加入者の被扶養配偶者、いわゆるサラリーマンの妻です。その認定は、健康保険の扶養認定とほぼ同じのため、健保の保険者(健保組合または社会保険事務所)が「扶養」と認定すれば第3号に認定されるという、「芋づる式」の流れになっています。
 認定の主要ポイントは、年収が130万円未満かどうかです。しかし、所得税のように年末に103万円以下か否かで判断するのでなく、あくまでも認定する時点で将来に向かって130万円未満と予測できればいいのです。
 光子さんが働き始めた当初の時給は800円だったので、確かに年収は130万円に届きませんでした。その後昇給を重ね、時給が1100円に上がった4年前、ついに130万円をオーバーしてしまいました(表参照)。
 
 光子さん曰く、いつ辞めるかもしれないパート勤めの身。基準額を少し超えたぐらいで扶養から抜け、国民健康保険と国民年金第1号の保険料を払えば、手取り収入が減ってしまうため、あえて申告せずにいたとのこと。もっとも健保の場合、保険者による調査などで収入オーバーが判明すれば、機械的に扶養認定を外されます。他方、第3号から第1号へ変更するのは、本人が市区町村の国民年金窓口へ行くのが決まりです。つまり、機械的に第3号の認定を取り消されることはなく、それこそが光子さんが第3号であり続けられる理由なのです。
 年金改正の議論のなかに、パートの厚生年金加入基準の見直しが挙がっています。労働時間が常勤社員の4分の3以上の場合に加入するという現行ルールを、2分の1以上にしようとか、もしくは年収65万円以上の場合に加入させようなどとする案が出ています。と同時に、第3号制度全体も見直すべく検討されています。しかし、ともあれ現行基準は130万円。サラリーマンの妻でも、パート収入が限度を超えたら正直に申告し、第3号から外れる勇気を持ってください!
(三浦れいこ)
第3号の年収基準は130万円未満。限度を超えたら自ら申告し、第1号へ切り替えを。

週刊朝日 2002年8月16日、23日号より転載
この記事は朝日新聞社の了解を得て転載したものです。S-WAVE及び朝日新聞社の著作権を侵害する一切の行為を禁止します。
back