連載【18】
「金の卵」の皆さん 
60歳から満額が出ます
 年男さん(59)は中学卒業後、集団就職で上京しました。常々、「さんざん働いたし、定年後は田舎に帰ってのんびり暮らそう」と考えていましたが、最近、新聞などで「年金の支給開始年齢の引き上げ」のことを知り、不安感を強めています。「自分の年齢では62歳まで満額が出ないのか…」。計画が狂ってしまうなと、年男さんはがっかりしています。
     ◆
 結論から先に言いましょう。年男さん、ご安心ください。日本の高度成長を支えた、あなたのような「金の卵」組には、60歳から満額の年金が支給されます。
 厚生年金は「定額部分」と「報酬比例部分」の二つに分けられますが、その割合は約半々です。昨年4月の法律改正前までば60歳からその全額が支給されていましたが、年男さんが新聞などで知ったように、法改正で「定額部分」の支給開始年齢が段階的に引き上げられつつあります。
 男性の場合だと、1941(昭和16)年4月2日生まれから43年4月1日生まれまでは61歳から、43年4月2日生まれから45年4月1日生まれまでは62歳から、という具合で、最終的には、49年4月2日以降に生まれた人には「定額部分」は全く支給されなくなります(女性はそれぞれ5年遅れでの実施、表参照)。
 しかし、考えてみてください。年男さんのような方は、中学を卒業した年の4月からずっと厚生年金へ加入しているのですから、60歳の誕生日の時点で計算すると、なんと44年以上も保険料を払い続けていることになります。こんなに長期間、公的年金制度に貢献してきているのに、定年間近になって期待していた年金が半分に削られるのでは、たまったものではありません。
 そこで、設けられているのが「長期加入特例」の制度です。これにより、60歳の時点で44年以上、厚生年金に入っている長期加入者には、従前どおり60歳から「定額部分」を含めた満額の年金が支給されます。国も年男さんのような「金の卵」組の方が、著しく不利にならないように配慮しているのです。
 ただし、年男さんのように会社の終身雇用制度にのっかってきた方は「めでたし、めでたし」なのですが、途中で転職なさった方は注意が必要です。4月5日号の本欄でも触れましたが、仮に年男さんに1回転職歴があり、その合間に1カ月でも厚生年金の空白があれば、60歳までの加入期間は43年11カ月になり、特例の認められる44年に1カ月足りなくなってしまうからです(この場合は、60歳以降も働いて引き続き加入すれば、44年の特例期間を満たすことができます。ただし、厚生年金を脱退するまで、定額部分は出ません)。
 50歳代になると、その年代の社員を対象に会社主催の「ライフプランセミナー」などが開かれるので、そうした場を利用して自分のケースが「長期加入特例」にあたるのかどうかを確かめてください。
 いずれにせよ、わが国では60歳定年がまだまだ主流です。高齢者の働く場が少ないことなどを考えれば、60歳から年金の定額部分が支給されるか否かは大問題です。第二の人生を有意義に過ごすため、自分の年金は早めに調べておきましょう。
(三浦れいこ)
厚生年金に44年以上加入していれば、60歳から定額部分を含めた満額の年金がもらえる。  

週刊朝日 2002年5月17日号より転載
この記事は朝日新聞社の了解を得て転載したものです。S-WAVE及び朝日新聞社の著作権を侵害する一切の行為を禁止します。
back