「週刊朝日」誌上にて、2002年1月より2003年3月まで連載されました。


2002年(平成14年)誌上掲載分

連載 タイトル 掲載号
49 失業したら保険料の免除申請をしないと損 12/27
48 払い続けた保険料が「ムダ」になるケース 12/20
47 2003年、さあ大変!D
「3.6カ月でトントン」不況続きで大誤算!?
12/13
46 2003年、さあ大変!C
ボーナスをもらうと在職年金が減っちゃう
12/6
45 2003年、さあ大変!B
現役時代の所得格差が年金受給額も直撃
11/29
44 2003年、さあ大変!A
ボーナスの月給換算3.6カ月超は負担増
11/22
43 2003年、さあ大変!@
『平成三十年』への一里塚が始まる・・・
11/15
42 日本版401kの導入 6割が中小企業 11/8
41 障害年金の死角C
特例に気をつけて あとで気づいても遅い
11/1
40 障害年金の死角B
人工透析の等級アップ 注意しないと「もらい漏れ」も
10/25
39 障害年金の死角A
会社に知られずに月給と一緒にもらえる
10/18
38 障害年金の死角@
リストラ予備軍の皆さん 会社の定期健診サボらないで
10/11
37 失業手当か年金か 選択の新たなポイント 10/4
36 海外暮らしが長いと無年金になってしまう!? 9/27
35 堅物のバツイチ男でも老後はモテモテ!? 9/20
34 知らぬ間に積み立て不足 「適格年金倒産」の恐怖 9/13
33 保険料も出世払いOK 20歳になったら即加入を 9/6
32 パートと年金A
年収だけじゃない 労働時間も基準のひとつ
8/30
31 パートと年金@
年収130万円以上の「ニセ3号」を許すな
8/16-23
30 早期退職を決断する前に考えておくべきこと 8/9
29 企業年金が解散すると年金がなくなることも 8/2
28 結婚前の短期間加入 思った以上の支給額 7/26
27 「高給取り」なのに在職年金が出る矛盾 7/19
26 「熟年離婚」する場合は年金の考慮が大切 7/12
25 年金と失業保険 両方もらえる場合も 7/5
24 失業手当と「3号」は約3600円が境目 6/28
23 中高年の再就職 保険料「掛け捨て」の悲惨 6/21
22 年金の「窓口」変更 いい面もあるけれど・・・ 6/14
21 定年後も働くと…B
65〜69歳も保険料負担 70歳からはカットなし
6/7
20 定年後も働くと…A
雇用保険からも給付 「手取り」で考えよう
5/31
19 定年後も働くと…@
「2割カット」が基本 月給が高いと追加カットも
5/24
18 「金の卵」の皆さん 60歳から満額が出ます 5/17
17 遺族年金か自分の年金か 決断を2度迫られる 5/3-10
16 夫が死んでも遺族年金が出ない! 4/26
15 年金額が試算できる! シンプル計算法を伝授 4/19
14 学生時代の滞納 軽く見てたら大損害 4/12
13 転職と年金空白 退職日には気をつけて 4/5
12 国民年金の加入者でも年金額を増やせる 3/29
11 脱サラで厚生年金は 国民年金で受給資格確保 3/22
10 年齢で変わる年金額 早めに把握しよう 3/15
9 銀行員の「勧誘」に惑わされるな 繰り上げ受給は慎重に 3/8
8 年収が少ないパートで厚生年金加入のケースも 3/1
7 25年払わないと無年金 フリーターは要注意 2/22
6 年金生活者も確定申告を 税金が戻ることも 2/15
5 離婚・再婚の決断時期 年金制度を研究せよ 2/8
4 制度で違う障害年金額 早期退職前に考慮を 2/1
3 年金を受け取る条件 最低25年の加入が必要 1/25
2 共働き続けると年金が減るケースも 1/18
1 転職時代の「盲点」 厚生年金のもらい忘れ 1/4-11
   

back  top